スソガ手術って危険・・・?実際の治療法と口コミ

susoga44

スソガの臭いを抑えるのではなくて、完全に改善するには「手術」しか方法はありません。

なぜならば、臭いを抑えることはできるけれど根本的なスソガの原因は汗腺なので、汗腺を手術で除去しない限り完治することはないのです。
そうと分かっていても、スソガの手術をすると決断するには勇気が必要になりますよね。

スソガの手術を少しでも考えている人のために、「スソガの手術の方法」や実際の「経験者の口コミ」をまとめて紹介していきます。

スソガ手術の治療法や効果とは?

susoga56

スソガの手術は皮膚を切開して汗腺を取り除く方法皮膚を切らない治療があります。

どちらを選択するかは本人次第と症状次第になります。

スソガの手術というのはつい最近まで不可能とされていましたが、現在の医療技術の発達によって手術が出来るようになりました。

今回は「皮下組織削除法」と「超音波吸引」の説明をしていきます。

皮下組織削除法

皮下組織削除法は、陰部を切開してスソガの原因となるアポクリン汗腺を取り除いていく方法です。

皮膚を数センチ切開して、ローラーとカミソリを合わせたような器具を使い、削るような感じでアポクリン腺を取り除いていきます。
目でアポクリン腺を確認して取り除いていく手術ですので、汗腺の取り残しなどが少なくなって効果が高い手術だと言えます。

傷口は小さく済み、臭いはかなり軽減されます。

この手術は非常に効果が高いようですが、少し傷跡は気になるという感想もあります。

超音波吸引

超音波吸引は、陰毛が生えている部分の一番上のお腹に近い部分に、数ミリの穴をあけてそこから超音波メスを挿入し、超音波によって発生した熱でアポクリン腺を破壊して吸引していきます。

皮下組織削除法よりも安い金額でできる手術なのですが、直接目で見てアポクリン腺を取り除いているわけではないので、完全に臭いが消えることは難しいようです。

体験者の口コミなどでも、完全に臭いが消えているという人はあまりいないようで、「少し臭いが残ってしまう」というような結果になることもあるようです。

気になるスソガ手術のデメリットとは?

susoga38

スソガは手術をしても、完全に臭いが消えるわけではないようです。

また、費用も高く、身体にメスを入れるものですので当然身体への負担はかかります。

臭いが軽減できるということは良いのかもしれないですが、臭いが残ってしまうというのは手術のリスクを考えると難しい判断になりますね。。

また、ある体験者の感想では、手術によって「傷跡がケロイド状」になってしまったり、「皮膚のつっぱり」が起きてしまったようです。
陰毛が一定の部分だけ「ハゲてしまう」ということもあり得ます。

やはり、デリケートゾーンの手術はリスクがあり、おすすめするものではありません。

スソガの手術がどうしても受けたいという時は、手術を受けるクリニックの医師とよく相談をして決断する必要がありますね。

手術以外の治療という選択はあるの?

susoga11

スソガは部位が部位なので簡単には手術をおすすめすることができません。

手術というのは効果が高いというメリットもありますが、費用面や完全な臭いの排除ができないなどのデメリットもあります。

スソガの手術以外の効果的な対策としては「メスを使わない治療法」「専用のデオドラントクリーム」があります。

ビューホット治療

メスなどを使わない皮膚を切開しないスソガの治療法です。

口コミでも話題になっており、2014年8月から治療が受けられるようになったので、ごく最近の治療方法と言えます。

この治療方法は、局部に痛みがないように麻酔を行ったあとに細い針を使って高周波を流し込んで汗腺を破壊していきます。

実際にこの治療を受けた人の口コミを見ていると、臭いが気にならなくなたという人がたくさんいます。
術後のダウンタイムも短かく済むのでおすすめですね。

針を使う治療は他にも「電気凝固法」や「ボトックス治療」もあります。

スソガ専用のデオドラントクリーム

susoga18

一番手軽にできるスソガへの効果の高い対策方法は「すそわきが専用のデオドラントクリーム」です。

ワキガ用のデオドラントクリームは有名ですが、最近では、スソガ対策に特化した、すそわきが専用のクリームが販売されています。

初めから手術や治療などは怖いけれど、手軽に自分でできる対策方法が良いという人には非常におすすめです。

重度な人以外は、まずはスソガ専用のクリームを使用し、効果や経過を見ていくと良いでしょう。

おすすめのすそわきが専用のデオドラントクリームはこちらでチェックしてみてくださいね♪
⇒高い消臭効果が実感できる「スソガ専用のおすすめクリームランキング」の詳細はこちら

 

button_010

SNSでもご購読できます。